会社設立もしっかりサポート|相続問題もサッと解決するエキスパート

ミーティング

借金を背負わなくても良い

ビル

親や身近な人が亡くなって、その人の財産をどうするかと言った時に、必ずしも相続しなくてはいけないという事はありません。相続放棄と言いまして、亡くなった人の残した財産をすべて放棄するという手段もあるのです。

View Detail

相続手続きを確認

スーツ

相続放棄の手続について

相続が開始すると(人がなくなって、遺族が相続するしない関係なく)、相続人は3つの方法から相続方法を選択することが出来ます。その亡くなった人の土地の所有権や借金などすべてを相続するという単純承認、亡くなった人の相続財産は一切受け継がないという相続放棄、相続財産の内容が不明なので、相続した財産を限度に相続するという限定承認の3つがあります。相続放棄をする、ということは相続人にとって利害が大きいので、単純承認と限定承認をする場合は、家庭裁判所にその旨を申し出る必要があります。それを「相続放棄の申述」といいます。相続人自身と、未成年者や制限行為能力者の場合は、法定代理人が申請をすることが出来ます。手続きの期間は、本人が相続があったことを知った時から3ヶ月以内、と決められています。福岡などには優秀な税理士の方が多いのでまずは相談してみるのも良いかもしれません。

申述をすることのメリット・デメリット

相続放棄をすることで、最初から相続人ではなかったことになるので、相続財産のうち借金などのマイナスの財産を引き継ぐ必要がなくなるのが大きなメリットになります。相続人間、または亡くなった人や相続人との関係で利害がある人に対しても、相続放棄をしたことを証明する書類「相続放棄申述受理証明書」の交付を家庭裁判所から受けていれば、これを証明書類として、例えば借金の支払の請求などを断ることが出来ます。一方、デメリットとしては、不動産や、金品、会社設立や会社を運営していた場合は会社などのプラスの財産についても相続放棄をすることで、相続することができなくなります。マイナスの財産を上回る財産、つまり相続したらプラスになるような場合でも、放棄をすると何も相続ができなくなります。

税理士を頼る

女性

遺産などの相続を行なう場合は相続税が必要になります。最近では多くの方が相続税などに興味を持っています。相続税などに詳しいのは税理士などの専門家であるため、もしも相続関係で相談したいのであれば税理士を頼りましょう。

View Detail

相続放棄手続きをサポート

女性

身内の人間が少なからず負債を抱えて死亡した場合に、負債を相続しない選択ができます。これを相続放棄と言います。相続放棄の期限は3ヶ月以内とされていますが、これには補足説明が必要です。

View Detail