会社設立もしっかりサポート|相続問題もサッと解決するエキスパート

ミーティング

相続放棄手続きをサポート

女性

相続放棄の手続き期限

亡くなった方には相続あるいは相続放棄には必ず法定相続人が存在し、法定相続人の間で優先順位があります。ここでは第1順位者から第3順位者までが対象となります。まず、第1順位者が相続を放棄する手続きを行なう期限は被相続人が死亡してから、あるいは死亡の通知を受けてから3ヶ月以内です。例えば、行方不明になっていた人が警察の検死などによって死亡を確認された場合が該当します。次に、第2順位者および第3順位者は、第1順位者と同じタイミングで相続放棄の手続きをすることも可能ですが、外国に住んでいたなどの理由で、後で死亡した事実を知ったり、上位順位者が相続を放棄した事実を知った場合は、その日から3ヶ月以内が期限となります。手続きには「相続放棄申述書」に必要事項を記入しますが、「相続の開始を知った日」を記述する欄があり、そこに該当日付を記入し、その日から3ヶ月以内に手続きをすれば良いことになります。

法定相続人の順位について

相続放棄を行なう際に、法定相続人と順位を明確にする必要があります。まず、死亡した人(被相続人)の配偶者と子供は第1順位者になります。万一、子供が死亡しているが孫がいる場合は、孫が代襲相続人となります。次に、第2順位者ですが、被相続人の直系尊属(父母など)が対象となります。被相続人が自分の父であれば、父方の直系尊属だけが対象で、以降、母方の直系尊属および兄弟姉妹は対象外です。そして、第3順位者ですが、被相続人の兄弟姉妹が対象です。兄弟姉妹の配偶者は対象外です。万一、兄弟姉妹が死亡しているが子がいる場合は、子が代襲相続人となります。以上が法定相続人で、期限内に相続放棄の手続きを家庭裁判所において行ないます。もし、上位順位者が放棄せずに相続を受ける場合は、下位順位者は一切の手続きが不要となります。