会社設立もしっかりサポート|相続問題もサッと解決するエキスパート

ミーティング

借金を背負わなくても良い

ビル

相続放棄とは、一体何なのか

人が亡くなると遺産などの相続を行なわなければなりません。相続をするのか、相続しないのか、しっかり考えてから手続きを行ないましょう。これは、特に亡くなった人が、多額の借金を抱えていた場合、そのマイナスの負債を抱えたくないという事で、相続放棄をする人が多いのです。ですが、相続放棄をするという事は、亡くなった人すべての相続を放棄するという事です。ですので、預貯金や不動産といった、プラスの財産だけを残すといった事は出来ませんので、気をつけましょう。また、相続放棄をする為には、きちんとした手続きが必要になります。ですので、親などが亡くなった場合には、きちんと調べて、手続きを行うようにして下さいね。

手続きには、期間があります

また、相続放棄をする為の手続きは、いつでも良いという事はありません。一定の期間を設けておりますので、必ず期間内に手続きを行う様にしましょう。その手続きの期間は、3ヶ月間で、熟慮期間と言います。この期間内に、相続放棄をうするのか、また、限定承認をするのかといった申請を行いませんと、本人の意思は関係なく、全ての財産を受けるという事になりますので、気を付けて下さいね。尚、亡くなった人が多額の財産を持っていて、相続人が服数人いる場合には、各相続人ごとに、別々の手続きが必要になります。ですので、兄弟が手続きをしたから大丈夫だろうと思って、何もしないでおりますと、後々トラブルになってしまう可能性がありますので、気を付けましょう。