会社設立もしっかりサポート|相続問題もサッと解決するエキスパート

ミーティング

税理士を頼る

女性

簡易にできる景さ方法を用いて概算を弾く

今年から相続税の税制が変更になり、実質的に増税になりました。基礎控除の見直しが大きく、配偶者と子供二人の場合の控除額が従来の8,000万円から4,200万円に変更になりました。この結果、今までなら相続税を払わなくても良かった層の一部が相続税の対象となることになっています。どのくらいになるかを自分で把握しておくことは重要なことです。インターネットで検索すればいろいろなところに簡易に計算できる方法が掲載されています。しかしながら、相続税評価額を計算するのが難しいことになっています。不動産については路線価を使用することが決まっておりますが、土地の使用状況や今後の使用者及び面積によって評価額が大幅に異なります。

正しい数字は税理士が出してくれる

不動産以外でも非上場株式の評価が難しくなっています。自営の場合は事業継続を目的とした評価額の減免がありますが、それ以外の非上場株式の評価方法にはいろいろあるので専門家に相談するのが一番です。相続税の計算をしてもらうためには税理士と相談することが最適です。最近は相続税の対象者が激減していたので相続税の申告を経験したことの無い税理士が増えているようです。しかしながら税理士試験には相続税の計算も対象となっていますので相談をすれば調べて答えをもらうことが出来ます。金額を算定してもらった結果、場合によっては相続対策を検討しなければならなくなるかもしれません。納税資金の準備や節税対策は現在大きなテーマになっています。